名僧・了翁禅師の功績に思いはせ 湯沢市の研究会が法要

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
焼香をして了翁禅師をしのぶ参列者
焼香をして了翁禅師をしのぶ参列者

 秋田県湯沢市の了翁(りょうおう)禅師研究会(高久正吉会長)は12日、同市八幡生まれで江戸初期の名僧・了翁禅師(1630~1707年)をしのぶ「了翁会」を同所の慈眼寺で行った。会員10人が法要に参列し、名僧の功績に思いをはせた。

 旧暦で命日の5月22日に毎年実施し14回目。例年は地域住民も参列しているが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため会員のみで行った。

(全文 454 文字 / 残り 273 文字)