中国公安、改革派学者を釈放 習主席批判に拘束で圧力か

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
許章潤氏
許章潤氏

 【北京共同】中国の著名な改革派学者で6日から公安当局に拘束されていた許章潤氏が12日、釈放されて自宅へ戻ったことが分かった。関係者が明らかにした。許氏は個人独裁色を強める習近平国家主席を厳しく批判し続けており、拘束は圧力だった可能性がある。

 関係者によると、当局は6日、四川省成都で買春した疑いがあり許氏を拘束したと家族に告げた。その後、12日に釈放するので迎えに来るよう指示したという。許氏に近い関係者は「手間の掛かる政治的案件で摘発するよりも、社会的名声をおとしめようとしたのではないか」と分析した。