シシトウ、ヤマブドウ…特産品使い、4種類の発泡酒を開発

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県大仙市の食品企画製造販売「よしかタンポポプランニング」(今野孝一代表)が、本県や青森県などの特産品を使った4種類の発泡酒=写真=を開発し、道の駅たかのす(北秋田市)などで販売している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 347 文字 / 残り 251 文字)

秋田の最新ニュース