秋田西、昨夏王者・秋田中央を下す 県高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田西―秋田中央】8回表2死一、二塁、秋田西の加藤星の右越え三塁打で生還し、喜びを爆発させる二走加藤亜(左)と三走坂元=さきがけ八橋球場
【秋田西―秋田中央】8回表2死一、二塁、秋田西の加藤星の右越え三塁打で生還し、喜びを爆発させる二走加藤亜(左)と三走坂元=さきがけ八橋球場

 2020秋田県高校野球大会(県高野連主催)第4日は13日、秋田市のこまちスタジアム、さきがけ八橋球場、横手市のグリーンスタジアムよこて、平鹿球場の4球場で2回戦計6試合を行い、16強が出そろった。秋田西が昨夏の甲子園に出場した秋田中央に7点差を逆転して勝利。秋田南、横手、増田は接戦を制した。

 14日はこまちスタジアム、グリーンスタジアムよこて、能代球場の3球場で3回戦計6試合を実施し、ベスト8のうち6校が決まる。

▽2回戦
秋田  10―1 新屋
(七回コールドゲーム)
秋田南  4-3 秋田工
秋田西 10―8 秋田中央
増田   5-2 横手城南
横手   2-1 平成
湯沢   5-0 大曲