バス転落「故意」と中国地元当局 21人死亡、「生活への不満」で

お気に入りに登録

 【北京共同】中国貴州省安順市で7日に学生ら21人が死亡したダム湖への走行中のバス転落で、地元当局は12日、水死した運転手の男(52)が生活への不満から故意にバスを転落させたと発表した。

 当局によると、男は4年前に離婚。7日に行政窓口に電話し、借りていた公営住宅が近く取り壊されることや、新たに公営住宅を借りられないことへの不満を訴えていた。

 男は7日午後、路線バスの速度を落として周囲の車が途切れるのを待ち、突然向きを変え加速。対向車線を横切ってガードレールを突き破り、ダム湖に突っ込んだ。