KDDI、タクシー相乗り実験 出社の混雑回避、コロナ対策

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
相乗りタクシーを利用して出社するKDDIの社員=13日、東京都千代田区(同社提供)
相乗りタクシーを利用して出社するKDDIの社員=13日、東京都千代田区(同社提供)

 KDDI(au)は13日、電車などの公共交通機関の混雑を避けるため、社員がタクシーの相乗りサービスを使って出社する実証実験を東京都内で始めた。8月7日まで実施する。新型コロナウイルスの感染を防ぐ効果などを確かめ、サービス化するかどうかを本格的に検討する。

 実験は、ITベンチャー「未来シェア」(北海道函館市)の開発したアプリを利用する。KDDIの社員延べ約2千人が対象で、7人乗りのミニバン型のタクシー約10台を送迎に使う。

 前日夜までに希望する乗車場所と時間をアプリに入力する。アプリのシステムが複数の社員を乗車させるのに最適なルートを作成する。