鹿児島県警が誤認逮捕 酒気帯び運転容疑で19歳男性

お気に入りに登録

 鹿児島県警鹿児島南署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで同日現行犯逮捕した鹿児島市の男性会社員(19)に関し、実際は車の運転をしておらず、誤認逮捕だったと明らかにした。同乗の知人男性(19)が運転していた疑いがあるとみて調べている。

 同署によると、13日午前0時25分ごろ、鹿児島市内を無灯火で走行していた軽乗用車をパトカーが追跡。車はブロック塀に衝突する事故を起こした。運転席にいた会社員の呼気を調べた際、基準値以上のアルコールを検出したため逮捕した。

 その後、同乗の知人が会社員の運転を否定。当初容疑を認めていた会社員自身も供述を翻した。