架空社債売り2千万円詐取した疑い 保険代理店役員を再逮捕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田県警本部(資料写真)
秋田県警本部(資料写真)

 架空の社債を売りつけて顧客から現金計2千万円をだまし取ったとして、県警捜査2課と秋田中央署は13日、詐欺と有価証券偽造・同行使の疑いで秋田市の会社役員(69)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2017年10月上旬ごろから11月上旬ごろまでの間、県央部の60代男性から2回にわたり、社債購入名目で現金計2千万円をだまし取り、偽造した社債券を交付した疑い。「社債券を買わないか。買ってくれればいずれ利息を合わせて戻ってくる」などと勧誘したという。容疑を認めている。

(全文 426 文字 / 残り 190 文字)