県信組が口座管理手数料 残高1万未満、2年入出金ない場合

お気に入りに登録

 秋田県信用組合(秋田市、北林貞男理事長)は13日、来月1日以降に開設する普通預金口座(総合口座を含む)を対象に、残高1万円未満で入出金が2年以上ない場合、年1200円(消費税別)の管理手数料を徴収すると発表した。県信組によると、県内に本店を置く金融機関で管理手数料を課すのは初めて。

 口座の利用を促すとともに、口座の管理費を減らすのが狙い。定期性預金や財形預金、外貨預金などの指定口座や融資の取引がある場合の返済指定口座は除く。

(全文 486 文字 / 残り 271 文字)