和嶋選手、念願の平泳ぎ2種目3連覇 本荘由利中学総体

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男子平泳ぎ100メートルで力強い泳ぎを見せる和嶋選手
男子平泳ぎ100メートルで力強い泳ぎを見せる和嶋選手

 秋田県由利本荘市の遊泳館で12日に開かれた本荘由利中学校総合体育大会の水泳で、本荘南中の和嶋亮磨選手(3年)が男子平泳ぎの100メートルと200メートルを制し、両種目で3連覇を達成した。タイムも3年連続で大会記録を更新。和嶋選手は「3連覇の念願がかなってうれしい。今後の大きな自信になった」と語った。

 5歳で水泳を始めた和嶋選手は、小学生から各種大会に出場し、自由形や平泳ぎで優勝するなど早くから頭角を現した。中学に入ってから本格的に平泳ぎに取り組み、1年時(2018年)で既に地区中総体で100メートルと200メートルを制覇した。

(全文 817 文字 / 残り 550 文字)