にかほ市金浦地区に屋内運動施設 来年4月開館予定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県にかほ市が金浦地区に建設する屋内運動施設の建設工事の安全を願う祈願祭が9日、同市黒川の白瀬南極探検隊記念館隣の予定地で開かれた。4月の開館を予定しており、工期は来年3月中旬まで。

 屋内運動施設は、雨天や降雪時にも通年で利用でき、市民の健康づくりに役立ててもらう狙い。同記念館向かいの遊具がある南極公園と合わせ、子どもの遊び場としても利用できる。象潟、金浦、仁賀保の旧3町が2005年に合併する際、金浦地区での建設が協定で決まっていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 493 文字 / 残り 272 文字)

秋田の最新ニュース