秋に竿燈披露、練習着々と 築山小・竿燈クラブ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小若のさおをバランスよく上げる児童=13日、秋田市の築山小学校
小若のさおをバランスよく上げる児童=13日、秋田市の築山小学校

 13日午後2時25分、秋田市楢山の築山小学校で6時間目の授業が始まった。毎週月曜はクラブ活動の時間。体育館では男子児童9人が、慣れた手つきで小若のさおにちょうちんを付けていった。

 準備ができると、代わる代わる約15キロのさおを持ち上げ、肩や腰に乗せる技に挑戦。継ぎ竹を2本足して天井に届くほどの高さになっても、バランスは崩れない。互いに声を掛け、時間いっぱい技を磨き合った。音楽室では笛や太鼓を担当する児童32人が、おはやしの音色を響かせた。

(全文 605 文字 / 残り 383 文字)

この連載企画の記事一覧