洋上風力、由利本荘市沖に5事業体目 日本風力開発が名乗り

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 風力発電大手の日本風力開発(東京)は14日、秋田県由利本荘市沖の海域で、最大出力78万キロワットの洋上風力発電事業を検討していることを明らかにした。環境影響評価(アセスメント)法に基づく計画段階環境配慮書はきょう15日から縦覧できる。同海域は国が近く洋上風力発電の「促進区域」に指定する見通しで、既に他の4事業体が発電事業の実施に意欲を示している。

(全文 475 文字 / 残り 300 文字)