将棋の藤井七段が王位戦2連勝 タイトル最年少での奪取目指す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦7番勝負の第2局は13、14の両日、札幌市で指され、144手で後手の藤井七段が勝ち、2連勝とした。棋聖戦とのダブルタイトル戦に挑む高校生プロは、最年少での奪取を目指す。

 6月8日に開幕した棋聖戦5番勝負では、第3局を終えて2勝1敗とし、奪取にあと1勝と迫っている。最も若い獲得は1990年、屋敷伸之九段(48)の18歳6カ月。並行して行われる王位戦か棋聖戦のいずれかでシリーズを制すれば、30年ぶりにこの記録を更新する。

 第3局は8月4、5日に神戸市で行われる。