2カ所で不法投棄か、ヘリでパトロール 月内に現地確認へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県の防災ヘリ「なまはげ」に乗り込む県職員
県の防災ヘリ「なまはげ」に乗り込む県職員

 秋田県や県警などでつくる県廃棄物不適正処理防止対策等連絡協議会は14日、ヘリコプターで上空から不法投棄を監視するスカイパトロールを行い、不法投棄が疑われる現場2カ所を確認した。

 県の防災ヘリ「なまはげ」と県警ヘリ「やまどり」に11人が乗り込み、秋田市雄和の秋田空港に隣接する県消防防災航空隊基地を発着点に、午後1時半から3時ごろまでパトロールした。

(全文 463 文字 / 残り 288 文字)