手作り曳山で思い出づくり 土崎幼稚園、園庭で運行

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
力いっぱい曳山の綱を引く年長児
力いっぱい曳山の綱を引く年長児

 秋田市土崎港中央の土崎幼稚園は例年、土崎港曳山(ひきやま)まつりに合わせて、年長児が子ども用曳山を引いて町内を練り歩く。しかし今年はまつり、練り歩きともに中止。保護者や保育教諭は思い出づくりとして曳山を手作りし、10日は年長児が園庭で力いっぱい引いた。

 同園では地元のまつりに親しんでもらおうと、1999年から曳山の練り歩きを行っている。園児は高さ約3・5メートルの曳山を引き、直線で約300メートル離れた土崎小学校との間を往復する。

(全文 824 文字 / 残り 606 文字)

この連載企画の記事一覧