秋田商、横手清陵が8強進出 県高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―秋田商】7回裏2死三塁、勝ち越しの二塁打を放ちガッツポーズする秋田商の八栁=こまちスタジアム
【秋田―秋田商】7回裏2死三塁、勝ち越しの二塁打を放ちガッツポーズする秋田商の八栁=こまちスタジアム

 2020秋田県高校野球大会第6日は15日、秋田市のこまちスタジアム、横手市のグリーンスタジアムよこてで3回戦の残り2試合を行い、ベスト8が出そろった。

第4シードの秋田商は秋田に逆転勝ちし、シード4校は全て勝ち上がった。横手清陵は増田に快勝した。

 16、17日は健康管理日で試合がなく、準々決勝以降はこまちスタジアムで実施される。準々決勝は18日が秋田修英―明桜、能代松陽―大館国際、19日は由利―横手清陵、湯沢翔北―秋田商のカード。

 準決勝は20日、決勝は22日に行われる。

 ▽3回戦
秋田商  4―3 秋田
横手清陵 4-1 増田