13年ぶりにキリンの赤ちゃん 大森山動物園、14日誕生

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
飼育員からミルクを与えられるキリンの赤ちゃん=15日午前7時半ごろ(大森山動物園提供)
飼育員からミルクを与えられるキリンの赤ちゃん=15日午前7時半ごろ(大森山動物園提供)

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)は15日、雄のキリンの赤ちゃん1頭が14日に誕生したと発表した。同園でのキリンの繁殖は2007年以来、13年ぶり11頭目。既に立ち上がり寝室内を元気に動き回っているという。

 同園によると、赤ちゃんは14日午前9時49分に誕生し、体高約175センチ、体重約50キロ。生まれた30分後には立ち上がり、ゆっくりと歩き始めた。両親のカンタ(雄、10歳)とリンリン(雌、15歳)は繁殖のため12年から共に過ごしており、園にとっては待望の赤ちゃんとなった。

(全文 508 文字 / 残り 261 文字)