今年の作柄「わせ良好」 綴子神社例大祭、大太鼓行列は中止

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
釜の湯をかき混ぜて作物の豊凶を占った湯立て神事
釜の湯をかき混ぜて作物の豊凶を占った湯立て神事

 秋田県北秋田市の綴子神社(武内尊英宮司)で15日、例大祭の神事や獅子踊りが行われた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大太鼓の出陣行列などは中止した。

 本殿での神事に続き、境内で「湯立て神事」が行われ、武内宮司らが煮立てた湯をわらでかき混ぜて作物の豊凶を占った。今年の作柄は「わせは良いが、後半になるにつれだんだんと悪くなる」とされた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 439 文字 / 残り 269 文字)

秋田の最新ニュース