JA秋田中央会、新会長に斉藤氏内定 トップ不在解消へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県JAビル(資料写真)
県JAビル(資料写真)

 JA秋田中央会は16日、役員選出に向けた会議を秋田市の県JAビルで開き、新会長にJA秋田たかのすの斉藤一志組合長(65)を内定した。27日に開催予定の臨時総会で正式決定する。先月末から続くトップ不在の異例の事態が解消されることになった。

 県北、中央、県南の各ブロックから選出された理事候補のJA組合長計7人の全会一致で、斉藤氏を会長候補に選出。その後、役員推薦委員の別のJA組合長1人を加えた8人による採決の結果、規定の3分の2(6人)以上の賛成が得られ、斉藤氏を会長候補とする総会向け人事案を決めた。

(全文 780 文字 / 残り 528 文字)