気候危機克服へ「世界政府」必要、千田元横手市長が自費出版

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
非戦、気候危機を訴える冊子を自費出版した千田さん
非戦、気候危機を訴える冊子を自費出版した千田さん

 元秋田県横手市長の千田謙蔵さん(88)=同市=が今月、非戦の実現と地球気候危機の克服を訴える冊子「すぐ国家を超えた世界政府を作るべし」を自費出版した。新型コロナウイルスのまん延を機に、世界政府をつくることで「気候変動や核兵器問題の解決に向けて協力が可能になる」と強調している。

 千田さんは2018年にも、非戦をテーマに「人類が戦争と決別する日」を自費出版していた。昨年8月に妻を亡くし、落ち込んでいたところ、友人らから「前に出した本が面白かったから、本を書いてみたら」と励まされた。これを受け、非戦に加え地球気候危機もテーマとして執筆を進めた。

(全文 819 文字 / 残り 546 文字)