国際コンテナ釜山航路、週5便に 秋田港の需要見込む

お気に入りに登録

 秋田県は16日、秋田港に新たな国際定期コンテナ船が就航すると発表した。シンガポールの船会社エクスプレスフィーダーズは、国内3港と韓国・釜山新港を結ぶ運航ルートに秋田港を追加し、21日に初めて入港する。以後、毎週火曜日に寄港。これにより秋田と釜山を結ぶ国際定期コンテナ船は、韓国船を含め週5便体制になる。

 新たに寄港する船名は「UNISEA(ユニシー)」。コンテナ1012本(20フィートコンテナ換算)を積める。釜山新港から新潟、富山、金沢を巡って戻るルートで、2018年9月から運航。新ルートは釜山―新潟―富山―秋田―金沢―釜山となる。

(全文 753 文字 / 残り 484 文字)