9人で追いかけた夢(下)引退試合 万感、笑顔で締めくくる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東雲中のシートノック中に声を出す八郎潟中ソフトボール同好会のメンバー=12日、能代市落合のソフトボール場第一
東雲中のシートノック中に声を出す八郎潟中ソフトボール同好会のメンバー=12日、能代市落合のソフトボール場第一

 今年の春以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、八郎潟中学校ソフトボール同好会が出場予定だった大会は全て中止となった。全国大会制覇への道は断たれ、メンバーは3年生になってから一度も公式戦出場の機会を得られないまま、引退を迎えることになった。

 メンバー9人のうち5人は、今年3月下旬に静岡県で開催予定だった都道府県対抗全日本中学生大会の本県代表チームに選ばれていた。所属校別では、チーム16人の3分の1が八郎潟中から選出され、主軸としての活躍が期待されていた。

(全文 1046 文字 / 残り 815 文字)