シード4校8強入り 県高校野球大会、18日から準々決勝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金足農を1安打に完封した明桜の橘高
金足農を1安打に完封した明桜の橘高

 2020県高校野球大会(県高野連主催)は18日と19日の2日間、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝を行う。対戦カードは18日が秋田修英―明桜、能代松陽―大館国際、19日は由利―横手清陵、湯沢翔北―秋田商。シード4校が8強入りした。県北、中央、県南各地区を突破した8校が激突する準々決勝を展望する。

 今大会は中央、県南が2日間の雨天順延、県北も1日順延となった。さらに2日間の健康管理日を経て試合に臨む。ゆとりのある日程となっており、各チームの地力が試されそうだ。

(全文 1033 文字 / 残り 801 文字)

全試合を速報しています!