「GoToまだ早い」 佐竹知事「『収束後の実施』と違う」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久秋田県知事は17日、首都圏などで新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日から始まることについて「まだ早いと思う」と述べた。17日の県議会自民党会派との県政協議会で発言した。

 佐竹知事は事業が始まれば県内への観光客が増えると指摘。「ホテルや旅館に『断れ』とは言えない。対応する際は感染防止対策に相当気を付けてもらいたい」と話した。一方、県民には首都圏や感染拡大地域への観光を「極力避けていただきたい」と求めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 379 文字 / 残り 146 文字)

秋田の最新ニュース