猛毒コバルトヤドクガエル! ぶっとんだ生き物集合、横手

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 変わった見た目の生き物を見て楽しむ「ぶっとんでるいきもの展」が18日、横手市の秋田ふるさと村で始まった。ほ乳類や両生類、魚類など30種類以上が展示され、訪れた家族連れが楽しんだ。来月30日まで。

 展示物のうち、コバルトヤドクガエルは猛毒を持つが、美しい見た目から「熱帯雨林の宝石」と呼ばれる。よろいのようなうろこを持つアカメカブトトカゲは、つぶらな瞳も特徴的。体が透明で内臓が見えるナマズなども展示されている。

(全文 546 文字 / 残り 340 文字)