風間、自己最速150キロ 明桜、継投で貫禄勝ち

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
明桜の3番手として登板した風間
明桜の3番手として登板した風間

 追い付かれてもすぐに突き放し、再び迫られても豊富な投手陣の継投でかわした。明桜の貫禄勝ちだった。

 積極的に打ってくる秋田修英に対し、先発橘髙康太(3年)は初球の入り方を注意した。調子が良かったという110キロ台のカーブを多投し、打ち気をそらした。二回は甘く入ったスライダーを右翼スタンドに運ばれ同点とされたが「これで気持ちが入った」とアクセルを踏み、6回を3安打1点に抑えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 586 文字 / 残り 397 文字)

秋田の最新ニュース