佐竹知事、GoTo「逆効果」懸念 不安が大きいと指摘

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 秋田県の佐竹敬久知事は19日、全国知事会のウェブ会議出席後に県庁で報道陣の取材に応じ、22日から始まる政府の観光支援事業「Go To トラベル」について「旅行業界を救うつもりが、逆に足を引っ張ることになるのではないか」と懸念を示した。

 佐竹知事は、国民の間で新型コロナウイルス感染拡大への不安が大きいと指摘。「不安があるうちは旅行には行かない。国民はあまり動かないのではないか」との見方を示した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 480 文字 / 残り 281 文字)

秋田の最新ニュース