夏の登山シーズン迎えた鳥海山、ニッコウキスゲなど見頃に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニッコウキスゲが咲く登山道
ニッコウキスゲが咲く登山道

 秋田県と山形県にまたがる鳥海山(2236メートル)は夏の登山シーズンを迎え、好天に恵まれた18日は山歩きや高山植物の観賞を楽しむ人の姿が多く見られた。

 象潟口(鉾立(ほこだて))から登って7合目の御浜(おはま)周辺は、ニッコウキスゲの群落が一面に広がり「お花畑」のよう。道中にはチングルマやハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、固有種のチョウカイフスマなどもかれんな花を咲かせていた。

(全文 441 文字 / 残り 251 文字)