男性主査を減給処分、横手市 複数の不適正事務処理

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県横手市は20日、県の補助金を申請しないなど昨年度に不適正な事務処理を複数行ったとして、子育て支援課の50代男性主査を同日付で減給10分の1、2カ月の懲戒処分とした。管理監督責任を問い、上司2人を訓告、2人を厳重注意とした。

 市によると、男性は一時預かり事業を行う公立保育所への県補助金について、公立が対象外と思ったため申請せず、3施設分の159万9千円が受給されなかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 346 文字 / 残り 156 文字)

秋田の最新ニュース