秋田市土崎、曳山なき2日間始まる 神明社で神事

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
宵宮祭で神楽を奉奏するみこ=20日午後6時15分ごろ
宵宮祭で神楽を奉奏するみこ=20日午後6時15分ごろ

 秋田市土崎港地区で20日、「土崎神明社祭の曳山(ひきやま)行事」(土崎港曳山まつり)のない2日間が始まった。街に「ジョヤサ」の声は響かず、いつもの年の活気はなかったが、土崎神明社には参拝者が次々と訪れた。社殿では神事「宵宮祭」が行われ、参列者や神職が地域の安泰や悪病退散などを祈った。

 本来であれば、まつり初日のこの日は各町内の曳山が午前中に動きだし、神明社を目指して町内を練り歩く。しかし、今年は曳山の姿はなく、街を歩く人もまばら。それでも土崎神明社には毎年欠かさず7月20日に参拝する地域の小学生や家族連れなどが足を運んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 640 文字 / 残り 375 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース