【決勝戦展望】能代松陽と明桜、先制点に重み 県高校野球

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 2020秋田県高校野球大会(県高野連主催)は22日、秋田市のこまちスタジアムで能代松陽―明桜の決勝を行う。第1、2シードの両校が勝ち上がり、昨秋の県大会決勝と同じカードとなった。今大会の戦いを振り返り、決勝を展望する。

 昨秋の県大会決勝は少ない好機をものにした能代松陽が2―0で明桜を下した。10カ月を経ての再戦。どちらも2回戦から登場し、全試合を3点以内に抑えてきた。これまでの戦いぶりは似通っている。先制点がより重みを増す展開になりそうだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 704 文字 / 残り 481 文字)

秋田の最新ニュース