大湯環状列石の価値、しっかり伝えたい 世界遺産調査へリハ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イコモスの現地調査を想定した大湯環状列石での対応リハーサル
イコモスの現地調査を想定した大湯環状列石での対応リハーサル

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つ、秋田県鹿角市十和田大湯の「大湯環状列石」で21日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関による現地調査を見据えたリハーサルが行われた。調査の具体的な日程は決まっていないが、当初の予定通り今年の夏から秋に行われるとの想定で、県や市の担当者が遺跡の価値の伝え方などを確認した。

 本県など4道県でつくる縄文遺跡群世界遺産登録推進本部が、昨年9月に続いて実施した。ユネスコの諮問機関・国際記念物遺跡会議(イコモス)による調査の際の説明方法や動線、時間配分などを確認しようと今月15~23日の日程で全17遺跡で行っている。

(全文 535 文字 / 残り 240 文字)