西馬音内盆踊り中止、地域経済への打撃懸念 愛好グループ「北の盆」代表代理

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
土産店店主、町観光物産協会会長、北の盆代表代理として町や西馬音内盆踊りのPRに貢献している佐藤さん
土産店店主、町観光物産協会会長、北の盆代表代理として町や西馬音内盆踊りのPRに貢献している佐藤さん

 西馬音内盆踊りの端縫い衣装をまとったマネキンが出迎える店内には、踊り手を描いた切り絵やTシャツなどの土産品がずらりと並ぶ。盆踊り会場入り口の二万石橋近くで「趣味の店 ながや」を営む佐藤良友さん(66)は盆踊り愛好グループ「北の盆」に立ち上げ時から加わり、今は代表代理を務める。

 北の盆の前身「西馬音内盆踊り囃子(はやし)方研究会」が発足したのは1985年。佐藤さんら町商工会の若手会員らでつくるアマチュアバンドのメンバーで立ち上げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 939 文字 / 残り 721 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース