お堀端の学びやから(上)和洋高解体 廊下100メートル、校舎細長く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
床や壁の内装が取り除かれた教室。東向きの窓の外に旧県立美術館の屋根が見えた
床や壁の内装が取り除かれた教室。東向きの窓の外に旧県立美術館の屋根が見えた

 秋田市中心部で、旧秋田和洋女子高校の解体工事が進んでいる。同校は今春から秋田令和高に名を改め、共学化して新校舎でスタート。千秋公園のお堀端に立つ校舎はその役目を終えた。解体が進む校舎の様子や、そこから見える周囲の街並み、関係者の思いを取材した。

 ◇  ◇

 解体は5月7日に着工。校舎内は先月、和洋高に続き令和高で校長を務める高橋修さん(61)の案内で回った。床や壁の内装は大部分が取り払われ、元の教室はコンクリートの柱や壁がむき出しになっていた。学校備品の多くは運び出された後だったが、黒板や職員用の机、応援団の腕章、壊れた管楽器などが一部に残され、往時の雰囲気をとどめていた。

 鉄筋コンクリート(RC)造り4階建て。お堀と旧県民会館跡地に挟まれた敷地で、南北に細長い校舎だ。奥行きは約120メートルなのに対し、幅は狭い場所では12メートル程度しかない。各階とも西(お堀)側に1本の長い廊下が通り、東(旧県民会館)側に各教室が配置されていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 852 文字 / 残り 430 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース