明桜が能代松陽下し優勝 2020秋田県高校野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2020秋田県高校野球大会を制し、マウンドに集まり喜び合う明桜の選手たち=こまちスタジアム
2020秋田県高校野球大会を制し、マウンドに集まり喜び合う明桜の選手たち=こまちスタジアム

 2020秋田県高校野球大会(県高野連主催)は22日、秋田市のこまちスタジアムで決勝が行われ、明桜が能代松陽に7―2で快勝し、優勝した。

明桜は一回、下沢優斗の二塁打を足場に失策と五十嵐新平の左前適時打で3点を先行。二回にも1点を追加した。七回は田中大夏の2点適時打、八回には中峯幸成の適時打で突き放した。能代松陽は六回に2点差に迫ったが、明桜の2番手・長尾光に抑えられた。

 明桜は東北各県の代替大会で優勝した代表6チームによる東北大会(8月9~11日、宮城県)に出場する。

秋田の最新ニュース