大館と角館の消防職員も無断外泊 都内で救命士研修中

会員向け記事
お気に入りに登録

 大館市消防本部と大曲仙北広域市町村圏組合消防本部は22日、救急救命士国家試験の受験資格を得るため東京都八王子市の救急救命東京研修所で研修を受けていた大館消防署田代分署の消防士長と角館消防署の消防副士長が無断外泊などの規則違反をしたとして、それぞれ戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 この研修を巡っては、湯沢雄勝広域市町村圏組合消防本部の男性副士長(28)が今月4日に居酒屋で飲食し無断外泊したとして懲戒処分を受けている。大館、大曲仙北の両消防本部は、それぞれの職員が湯沢雄勝の副士長と行動を共にしていたかどうか明らかにしていない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 367 文字)

秋田の最新ニュース