特別な夏、感謝胸に頂点 王者・明桜ナイン表情晴れやか

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
試合終了後、明桜と能代松陽の選手は帽子を交換して写真に納まった=こまちスタジアム前
試合終了後、明桜と能代松陽の選手は帽子を交換して写真に納まった=こまちスタジアム前

 グラウンドは霧雨に包まれたが、夏の全県王者の表情は晴れやかだった。22日に秋田市のこまちスタジアムで行われた「2020県高校野球大会」の決勝戦。新型コロナウイルスの影響で甲子園大会は戦後初の中止となったが、能代松陽を破って頂点をつかんだ明桜ナインはマウンドで喜びを爆発させた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1497 文字 / 残り 1358 文字)

秋田の最新ニュース