空港利用者、前月より増えたけど… 東京などの感染拡大懸念

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は、6月の秋田空港の利用者数を1万4783人、大館能代空港の利用者数を1574人と発表した。いずれも新型コロナウイルスの影響による大幅な減便で昨年同月を大きく下回ったものの、今年5月と比べると秋田空港は4倍、大館能代空港は3倍になった。回復の兆しとの見方がある一方、東京や大阪の感染拡大の影響を懸念する声もあり、先行きに不透明感が残る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 632 文字 / 残り 460 文字)

秋田の最新ニュース