手こぎトロッコで線路を走ろう! 大館駅前に鉄道パーク開設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田職業能力開発短期大学校の学生が作った手こぎトロッコ
秋田職業能力開発短期大学校の学生が作った手こぎトロッコ

 秋田県大館市は23日、人力で「手こぎトロッコ」を動かして線路上を走ることができる鉄道パークをJR大館駅前に開設する。トロッコは4人乗りで、秋田職業能力開発短期大学校(同市)の学生が卒業制作で作った2台。市観光交流施設「秋田犬の里」の駐車場に沿って敷かれている旧小坂鉄道の廃線を利用する。

 鉄道パークは、秋田犬の里の一施設として大館駅前の観光を充実させ、にぎわい創出につなげる狙い。駅前と商店街を行き来してもらうための仕掛けとして、御成町二丁目商店街から秋田犬の里へと抜ける通り道にもなっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 658 文字 / 残り 410 文字)

秋田の最新ニュース