医療機関、「受診控え」で8割超収入減 県医師会アンケート

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県医師会は22日、新型コロナウイルスの影響でことし4月の保険診療収入が前年同月より減ったと答えた県内の医療機関が8割を超えたとするアンケート結果を公表した。医師会は、感染リスクを恐れた「受診控え」が広がっているとして、適切な受診を呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 540 文字)

秋田の最新ニュース