仏画家・空如の壁画模写を複製 太田文化プラザに常設展示

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
完成した空如の金堂壁画模写の複製
完成した空如の金堂壁画模写の複製

 秋田県大仙市太田地域生まれの仏画家・鈴木空如(くうにょ)(1873~1946年)が模写した法隆寺(奈良県)金堂壁画の実物大の複製が完成し、21日に市太田文化プラザで除幕式が行われた。地元の「鈴木空如を顕彰する会」(高貝久遠会長)が空如の代表作を多くの人に知ってもらいたいと、クラウドファンディング(CF)で資金を募り制作した。市に寄贈し、太田文化プラザで常設展示される。 

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1029 文字 / 残り 842 文字)

秋田の最新ニュース