時代を語る・伊藤次男(30)魅力的な4千メートル水路

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
広く真っすぐな水路が延びる大潟漕艇場で=今年6月
広く真っすぐな水路が延びる大潟漕艇場で=今年6月

 大潟村の中央幹線排水路ほどボートコースに適した所はありません。コースとして造ったわけではない水路としては、国内はもちろん、国際的にもあまり例がないでしょう。

 現在、排水路の南側に長さ約2千メートルの大潟漕艇(そうてい)場が設営されています。その北側に約4千メートルの直線水路が延びています。この直線4千メートルがボート関係者にとって実に魅力的なのです。現行の漕艇場と合わせれば、計6千メートルのボートレース場にすることもできる計算です。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 825 文字 / 残り 606 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース