「恋するぶどうソフト」販売中! 花立牧場内のカフェ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
豊島さんが収穫したブドウのジュース「ワインに恋するブドウたち」(右)を使用した「恋するぶどうソフトクリーム」
豊島さんが収穫したブドウのジュース「ワインに恋するブドウたち」(右)を使用した「恋するぶどうソフトクリーム」

 秋田県由利本荘市で唯一、ワイン用のブドウを栽培している豊島昂生さん(30)のブドウを使用した「恋するぶどうソフトクリーム」(税込み380円)が、23日から同市矢島町の鳥海高原花立牧場公園内にあるカフェ「ジャージーハウス」で販売されている。

 豊島さんは2016年から矢島町でブドウ栽培に取り組み、今年は5年目にして初めてワインを醸造した。18年からは砂糖や水、保存料を一切使用しないブドウのストレートジュース「ワインに恋するブドウたち」を岩手県の業者に委託して製造している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 435 文字 / 残り 198 文字)

秋田の最新ニュース