すくすく大きくなってね 秋田市、園児がイワナの稚魚放流

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
イワナの稚魚を川へ放流する新波保育所の子どもたち
イワナの稚魚を川へ放流する新波保育所の子どもたち

秋田市雄和の新波保育所(中島朋美所長)の3~6歳児10人が22日、地元の繋川中流部でイワナの稚魚約1500匹を放流した。

 子どもたちは全長約5センチの稚魚が入ったバケツを持ち、「大きくなってね」と呼び掛けて川の中へ放流した。「泳ぐのが速い」「魚かわいいね」と話しながら、稚魚の泳ぐ様子をじっくり観察した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 392 文字 / 残り 240 文字)

秋田の最新ニュース