時代を語る・伊藤次男(32)延期五輪、改めて備え

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
デンマークチーム用に新設されたトレーニングマシン=大潟漕艇場の村ボートセンター
デンマークチーム用に新設されたトレーニングマシン=大潟漕艇場の村ボートセンター

 本来なら「2020東京五輪」が開幕、大潟村で事前合宿したデンマークボート代表チームの活躍を心待ちにしている頃です。コロナ禍によって1年延期、仕切り直しを迫られた村関係者の苦労はどれほどかと推察します。県ボート協会会長としてチームの受け入れ準備に少なからず携わってきました。気持ちを切り替え、改めて来年に備えたいと思っています。

 デンマークチームとの関わりは3年前にさかのぼります。平成29(2017)年5月、チーム関係者が村を初めて訪れた際、視察に立ち会い、大潟漕艇(そうてい)場周辺でコースや艇庫について説明しました。オリンピックのコース長は2千メートル。漕艇場は基本的に千メートルコースですが、必要なら2千メートルの設定も可能ですなどとやりとりしました。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 780 文字 / 残り 450 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース