時代を語る・伊藤次男(33)ボート普及、今後も力

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
活躍を紹介する展示コーナーで=由利本荘市総合体育館
活躍を紹介する展示コーナーで=由利本荘市総合体育館

 シニアが対象の全日本マスターズレガッタ(ボートレース)に毎年、出ています。残念ながら今年はコロナ禍のため、石川県での開催が中止になってしまいました。平成21(2009)年と翌22年には世界マスターズに出場。21年のオーストリア・ウィーン大会ではオリンピックでは取れなかった金メダルを首にかけてもらいました。

 世界マスターズ参加のきっかけをつくってくれたのは、大学時代のボート仲間です。卒業してから55年もたつのに、まだ付き合いが続いています。私が通った中央大に限りません。東京、一橋、早稲田、慶応、明治、日本など大学は多岐にわたります。共にボートに打ち込み、一緒に泣き笑いしたことが強い仲間意識につながっています。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 771 文字 / 残り 463 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース