道の駅たかのす、災害時の防災拠点に 北秋田市などが協定

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
協定書を手にする津谷市長(左から2人目)ら
協定書を手にする津谷市長(左から2人目)ら

 秋田県北秋田市と国土交通省能代河川国道事務所など4団体はこのほど、同市綴子の道の駅たかのすを防災拠点とする災害時の相互応援協定を締結した。

 協定では、大規模災害時に市や能代河川国道事務所が被害の情報収集を行う際や、国道7号で道路の規制や除雪を行う際に道の駅を拠点にする。道の駅を避難所としても活用し、4者が物資や炊き出しの食料を提供する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 424 文字 / 残り 254 文字)

秋田の最新ニュース