感染経路「特定できていない」 夫の40代会社員も感染

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所で行われた記者会見
秋田市役所で行われた記者会見

 秋田市は26日、市内の40代会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。25日に感染が確認された40代会社員女性の夫で、濃厚接触者として26日にPCR検査を受け判明した。県内の感染者は18人目。感染経路について市は「特定できていない」としている。

 会見で市が説明した過去2週間の行動歴によると、男性と妻は今月12日に車で青森県内に日帰りの買い物に出掛けていた。この際に感染した可能性について、市保健所の伊藤善信所長は「閉鎖空間に長時間いるなどの『3密』の状態ではなかったと聞いている。感染のリスクは低かったのではないか」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 603 文字 / 残り 333 文字)

秋田の最新ニュース