大仙市に災害対策部、福部内川上流で氾濫も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
福部内川で排水作業する人たち=28日午前8時20分ごろ
福部内川で排水作業する人たち=28日午前8時20分ごろ

 秋田県大仙市は28日午前4時半、市災害対策本部(本部長・老松博行市長)を設置した。同日午前、大仙市堀見内、刈和野の計52世帯170人に避難指示を発令。このほか、大曲、南外の各地域などに避難勧告を出している。
 同本部によると、同日午前6時15分現在、市内の複数の箇所で冠水や土砂崩れによる通行止めが発生している。

 県仙北地域振興局によると、同日午前6時半ごろ、大仙市の福部内川の上流で氾濫が発生した。同5時ごろ、氾濫危険水位を超えていた。